ビール大好きKUMAOがビールに関するうんちくや情報と、ビールに対するこだわりと、情熱を独断で語ります。

エールタイプ

エールタイプ

エールは、上面発酵酵母酵母を常温で短期間で発酵させ、複雑な香りと深いコク、フルーティーな味を生み出したビールのスタイルです。

通常15〜24℃で短期間に発酵し、酵母は大量のエステル風味と香りを生成します。

結果として「フルーティー」な生成物となり、リンゴ、洋ナシ、パイナップル、バナナ、スモモ、またはプルーンに似た香りとなります。

ホップが15世紀にオランダからイングランドに伝わるまで、「エール」という名前はホップが加えられていな物をさし、ホップを加えての醸造したものを「ビール」と呼んでいまいした。しかし、現在は区別は使われていません。

ホップが伝わるまでは、ハーブと香辛料を混ぜたグルート (Gruit) をホップの代わり用いて苦味をつけていました。

ホップは、苦味を与えて甘味とのバランスを取り、防腐剤の役割を果たします。

エールは、中世に主食であるパンと一緒に飲む重要な飲み物でした。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional