ビール大好きKUMAOがビールに関するうんちくや情報と、ビールに対するこだわりと、情熱を独断で語ります。

ビール缶の変遷

ビール缶の変遷

缶ビールは1935年にアメリカで発売されたのが最初である。

この缶はコーントップ型と呼ばれるもので、現在清涼飲料水の一部で用いられている様な上部がコーン型の缶であるが、、スクリューキャップではなくて王冠を用いた缶でした。

同じ頃、日本でもサッポロビールの前身、大日本麦酒が発売を検討していたという記録が残されてるが、缶特殊な臭いがあるなど、びんビールにくらべ品質面で問題があり結果的に商品化されなかった。
日本初の缶ビールは1958年(昭和33)に アサヒビールから発売されたものである。
これに次いで1959年(昭和34)にサッポロビールから、1960年(昭和35)にはキリンビールから、1963年(昭和38)にはサントリービールから発売された。

しかし現在主流のアルミ缶ではなく、スチール缶で、しかも缶底と缶胴が一帯となっているツーピース缶ではなく、缶蓋・缶底・缶胴と3つのパーツからなるス リーピース缶で、しかもプルタブ式だはなく飲むときは缶切りで2ヵ所に切り込みを入れるという缶切りで開ける缶ビールであった。

サントリービール缶

1965年(昭和40)にサッポロビールからプルタブを用いた缶ビールを発売され、缶切り無しで飲めるようになった。
しかし、缶蓋はアルミたっだが、缶底と缶胴は旧来のスチールであった。
その後1971年(昭和46)に日本で初めてのオールアルミ缶ビールがアサヒビールから発売された。

アサヒビール缶

またプルタブは1990年(平成2)現在のステイオンタブに移行していった。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional