ビール大好きKUMAOがビールに関するうんちくや情報と、ビールに対するこだわりと、情熱を独断で語ります。

ラガービールの登場

ラガービールの登場

ドイツ南部のバイエルン地方の水は軟水であったため、硬水でなければ酵母が活動しにくいエールビールを作ることが困難でした。

しかし、15世紀頃、軟水でも低温下で活動する酵母の存在を知り宇、秋の終わりにビール樽を洞窟の中で氷と共に貯蔵し、翌年の春に取り出すという特殊な製法でビールを醸造するようにりまいした。

この貯蔵(=ドイツ語で、「ラガー」:Lager)されたビールをラガービールと呼ばれ、発酵後酵母が下に沈む事から下面発酵ビールとも呼ばれます。

エールビールと較べて品質が安定し風味が穏やかな事から他の地域でも広く作られるようになり、19世紀以降は冷却機などいわゆるビールの三大発明により世界中に広まりました。

そして、それまで主流だったエールを抜いてビールの主流となりまいた。

生産には、大規模な設備を必要とされるが大量に生産することが可能で、現代では日本を含め世界のビール生産量の大部分を占めています。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional