ビール大好きKUMAOがビールに関するうんちくや情報と、ビールに対するこだわりと、情熱を独断で語ります。

日本最初のビール

日本最初のビール

日本人が初めて飲んだビール

享保9年(1724年)オランダからの商船とその使節団一行が江戸に入府した際の将軍吉宗への献上品に「ビール」があったとされています。

吉宗が飲んだかどうかは定かではありませんが、「和蘭問答」と言う文献に次の様な記録が残っています。

酒はぶどうにて作り申候。また麦にても作り申候。麦酒給見申候処、殊外悪敷物にて何のあぢはひも無御座候。名をビイルと申候。(略)右コップ、三人一所によせ、ちんちんとならし合わせ、何れも戴き給申候


日本で始めて作られたビール

長崎の出島内で、オランダの商館長のヘンドリック・ドゥーフによって文化9年(1812年)に日本で初のてビール醸造が行われました。

日本人が初めて作ったビール

幕末・明治維新期の蘭学者の川本幸民が1853年(嘉永6年)頃、日本で初めてビールを醸造(試醸)したとの記録があります。
川本幸民はペリー来航時、会議の後の夕方宴会の卓上に出されたのがビールを気に入り、既に蘭書でその存在を知っていた彼は、自宅に炉を築き、日本人で初めてビールの醸造に成功ました。

日本で始めて産業的に作られたビール

明治2年(1869年)ドイツ人のウィーガントによって横浜外国人居留地に「ジャパン・ブルワリー」が設立され、明治3年(1870年)、米国人のウィリアム・コープランドによって横浜・山手にビール醸造所「スプリング・バレー・ブルワリー」が設立され、外国人の手で日本で初めてビールの醸造・販売が開始されました。
この2社は、現在のキリンビールです。

日本人の手で始めて産業的に作られたビール

明治5年(1872年)大阪商人の渋谷庄三郎によって堂島に醸造所作られ、日本人によって初めての本格的にビールの製造・販売を開始しました。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional