ビール大好きKUMAOがビールに関するうんちくや情報と、ビールに対するこだわりと、情熱を独断で語ります。

ビールの飲み方

ビールの飲み方

私は缶ビールを飲むときは直接缶に口を付けて飲むことはよほどの時でないとしません。

旅行や出張に行くときは必ずプラカップを鞄の中に忍ばせていて列車の中でもそのカップに注いでから飲みます。

その理由はいくつかあります。
まず、缶ビールは炭酸の量が異常に多く含まれているので、そのまま飲むとお腹が張ってしまいます。
そして、鼻からビールの香りを直接かぐことができません。
またビールの液体を目にすることなく飲んでしまうので、色がわかりませんし、泡立ちを見ることもできません。

などの理由から缶から直接飲むとビールの楽しみが半減するので透明なカップに注いでから飲むのです。

缶ビールが普及するまでビールは瓶入りが普通でした。
私がビールを飲み始めた25年くらい前は瓶ビールの末期だったかもしれませんが、まだ国鉄の特急や急行列車のテーブルには栓抜きが付いていました。
そして、ビールを瓶から直接いわゆるラッパ飲みをする人は少なかったと思います。

なのになぜ缶ビールは?

これからもビールを楽しむためにカップを持って出かけます。

コメント


認証コード6282

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional