子猫のその後

| | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日はとりあえず、知り合いのネコにお詳しい方に相談して、その方のお知り合いの方にお預かり頂く事になりました。

そして、子猫ちゃんには我が家の段ボール箱で一夜を過ごしてもらうことになりましたが、なんか心配でよく眠れませんでした。

こんな気持ちになったのは始めてです。
我が子が熱を出して寝込んでいる時も、学校からの帰りが遅い時もこれほどまでには心配したことがありませんでした。
そして、今朝、近所の動物病院に連れてき、健康診断とギョウ虫検査をして頂きました。

結果、ギョウ虫はマイナスでしたが、念のために虫下しを投与、そして、少し衰弱しているので、ブドウ糖液を飲ませて頂きました。

ヤニで開かなかった目もきれいにして頂いて、目薬も頂戴しました。

黒い子が♀で体重350g、まだらの子が♂で体重300g、生後1ヶ月くらいだそうで、今のところ健康には問題なさそうとのことなので一安心で す。

その足で、この子達を預かって頂ける方の家に直行しました。

快く引き受けてくださって、経験も豊富な優しい方のようで本当に良かったです。

で、その方のお話では、昨日水を飲まなかったり、缶詰を食べなかったのは食欲が無かったせいではなく、まだ独りでは食べられないとの事でした。

缶詰のふたを開けただけで与えた私が無知でした。

でももう安心です。

生き物なので、今後もどうなるかはわかりませんが、元気に育ってほしいものです。


ところで、私は家に戻ってやれやれと思ったのですが、壁を見ると昨日のこぎりで切り開いた穴が、、、、

42571722_2246556413.jpg
どうする??

とりあえず、

42571722_1418838946.jpg
の様にごまかしました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子猫のその後

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kumao.net/mt/mt-tb.cgi/658

コメントする