第3回 HTMLの基本構造

| | コメント(0) | トラックバック(0)

HTML文章の全体像をみてみましょう。

----------------------------------------------
<html>
  <head>
   <title></title>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>
-----------------------------------------------

html文章は上のように大きく分けて、3つの要素から成り立っています。
つまり、html要素、head要素とbody要素です。

head要素には全体の情報を書きます。前回の謎の文章がそうです。
ここに書いた物は<title></title>に挟まれた物以外はブラウザ上には表示されません。
つまりコンピュータに知らせる情報を書くところです。
手紙にたとえるなら封筒で、封筒には宛名とか、折り曲げ禁止とか、重要とが本文以外郵便屋さんに知らせる情報を書きますよね。

body要素は便せんで、本文を書きます。html文章ではテキスト以外にも写真や絵、表や華やかなグラフィックなど可能性は無限にあちます。

そして忘れてはならないのが、文章全体を表すhtml要素です。
これはxhtmlの場合でも<html>終わりは</html>と書きます。

そして、ファイル名.htmlまたはファイル名.htmと拡張子を付けて保存するとできあがりです。

次回からはいよいよタグについてお話しようと思うます。

次回につづく。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第3回 HTMLの基本構造

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kumao.net/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする

KUMAOの押入TOPへ

カウンタ

アーカイブ

ウェブページ

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログ記事について

このページは、kumaoが2008年8月10日 21:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第2回 冒頭にある謎の文字?」です。

次のブログ記事は「第4回 マークアップについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

books