第2回 冒頭にある謎の文字?

| | コメント(0) | トラックバック(0)

前回いきなり登場した文書の冒頭に次のような謎の文字がありました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />
 <title>はじめてのXHTML/CSS</title>
</head>
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

実はこの文字には重要な意味があります。そのHTMLファイルがHTMLなのかXHTMLなのか、またそのバージョンはなになのか、言語は日本語なのか何語なのか、その文字コードはなになのかをコンピュータに伝えるための記述ですので、一文字でも間違えたらアウトです。
アルファベットは大文字と小文字も区別されます。
で、最初のうちは"呪文"たと思ってこもままコピーペーストで使う方がいいでしょう。

ただ、

 <title>はじめてのXHTML/CSS</title>

の<title>と</title>で挟まれた部分はそのファイル(ページ)のタイトルで、ブラウザで表示したときにここに記述した内容が左上に表示されまので、そのページに応じて書き換えてください。
このまま開くと次のようにブラウザの左上あたりに「はじめてのXHTML/CSS」と出ているはずです。

20080809_01.jpg






次回につづく

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第2回 冒頭にある謎の文字?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kumao.net/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

KUMAOの押入TOPへ

カウンタ

アーカイブ

ウェブページ

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログ記事について

このページは、kumaoが2008年8月 9日 16:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第1回 いきなりですが、、、」です。

次のブログ記事は「第3回 HTMLの基本構造」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

books